ぷらねた 〜未公開映画を観るブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 『Murk/Morke』ニコライ・リー・カース主演 その1

<<   作成日時 : 2010/06/27 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

どうも、忙しい忙しいとボヤいて更新がなかなかできない管理人です(・∀・; 今回は、amazonを巡っていて発見したデンマーク映画を紹介。主演は、スサンネ・ビア監督作品でお馴染みのニコライ・リー・カース。前情報がない状態で鑑賞したので、予想外の展開にドキドキでした(。。

画像


『Murk』(2005)
原題『Mørke』

監督/脚本 Jannik Johansen

出演 ニコライ・リー・カース・・・ヤコブ
   ニコラス・ブロ・・・アンカー

製作 デンマーク・イギリス
受賞歴 2006年Bodil Awards 作品賞ノミネート

◎あらすじ
 恋人と暮らすヤコブの家を、妹のユリーが訪ねてきた。自殺を図って以来、重いハンディキャップを抱えている彼女ではあるが、インターネットで知り合ったアンカーという男との結婚を報告しに来たのだ。しかし結婚式の夜、ホテルの浴槽でユリーは自殺してしまう。
 アンカーに疑いを持ったヤコブは、「Murk」という小さな町で彼を見つける。そして、アンカーが再びハンディキャップを持つ女性と婚約したことを知るのだった。

◎感想
 Amazonでこの作品を発見したときは、あらすじに書いた部分の前半部しか見ないで購入したので、てっきり障害を抱えた女性が自殺するまでを憂鬱に描く作品なのかとか勘違いしていました(汗)。実際は、あらすじの後半の辺りから伝わってくるかと思いますが、ジャンルで言えばサスペンスに比重が置かれているような作品です。あらすじだけでもアンカーが怪しいヤツだということは分かると思いますしね。

画像


 さて、本作を鑑賞しながら「いいなー」と感じられた魅力は次の三点でしょうか。一つ目は、(ドグマのせいもあるかもしれませんが)デンマーク映画と言ったときになんとなくイメージしてしまうような、ちょっと薄暗い空気感。作品自体も明るい作品とは言えませんが、管理人はこういう雰囲気が好きなんですな(´∀` ヨハンセン監督には悪いですが、「黄金の心」三部作の頃のラース・フォン・トリアーやスサンネ・ビアを思い起こしてしまいました。ただし、この二人の作品よりも映像はクリアで、ときどき美しい画面もあったりして、監督の美意識がしっかりと作品の中に表現されていたかなと思います。

 二つ目の魅力は、主役ヤコブを演じたニコライ・リー・カース。この人が主演とは知らなかったので、得した気持ちになりました。スサンネ・ビア監督の作品は非常に好きなのですが、その中でもニコライ・リー・カースは印象に残る役者さんでした。『しあわせな孤独』『ある愛の風景』では、粗野な若者を演じて男性的な魅力を放っていましたが、今回はスマートな部分を持つ大人な主人公を見せてくれました。大絶賛というほどの演技でもないけれど、映画全体を通して質の高い演技だったと思います。ちなみに日本未公開の出演作がかなりある模様。

画像


 そして、音楽が良かった。この作品の中で一番良かったかもしれないです(笑)。uk版DVDには、そのBGM関係のドキュメンタリーがオマケに収録されていて、興味深く鑑賞させて頂きましたm(_ _ )m とくにエンディングに流れるストリングスの曲が良かったかな。他にもサスペンスなので、緊張感をあおったりするBGMもなかなか効果的でした。

 映画全体をまとめておくと、サスペンス映画として、先の展開が気になるように上手く観客の気を引くことに成功していて、良かったと思います。デンマーク映画なんだけれども、ときどきハリウッドのサスペンス映画を観ているような気になりました。ドグマっぽい暗さと、ハリウッド的サスペンスの演出を上手く融合させていたという感じでしょうか。

 ただし、作品で語られるいくつかの思想的なセリフは、監督の思うところを主張したというわけではなく、あくまでも単に登場人物に語らせただけという印象で、そういう面では内容が豊かだとは言えないと思います。つまり、サスペンスとしてはなかなかよく出来ているのですが、何か鑑賞後にまで残る余韻や、考えさせるような部分がないので、観客の心に残り、「傑作」と言われるチャンスを逃してしまった気もします。

画像


 個人的には、デンマーク映画で124分ということで、ちょっと途中で眠くなるかもしれないなと思っていたのですが、中だるみすることなく最後まで楽しんで鑑賞することが出来ました。

 誰がどう考えてもアンカーが怪しいと思うのですが・・・っと、これ以上はやめておきましょう。太った彼を見ると、最初の登場時から怪しさ全開ですが(笑)、一体どんな結末が待っているのか。それはDVDを見てのお楽しみに。

 なお、本作に関係するインタビューは見つからなかったため、いつもの監督インタビューはありませんm(_ _ )m

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Morke (2005)
オリジナルタイトル:M&amp;oslash;rke International English title:Murk 監督:Jannik Johansen 上映時間:124 分 製作国:デンマーク | イギリス ...続きを見る
NORTHERN IMAGES -北欧&...
2010/11/11 19:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして☆

こんな作品があったのですね??
私もスサンネ・ビア監督が大好きで、ニコライ・リー・カースも好きな俳優さんなんです。

サスペンスも好きなのでどうしても見たいのですが、
これ、やっぱりレンタルもないんですよね…(泣)。

やっぱり購入するしか方法はないのでしょうか…。
でもこういうのって字幕入ってないんですよね…?
なんとか見る方法ないのかな〜ッ。

それでも、ご紹介いただきありがとうございました☆

シバ美
2010/07/29 16:45
はじめまして、コメントありがとうございます(´∀`*

スサンネ・ビア監督、いいですよね!
この作品を見るにはいまのところ海外版を購入するしかないですが、今はamazonがあるので購入は容易ですよ。

字幕についてですが、uk盤のDVDには英語字幕が収録されています。amazon.ukのリンクを貼っておくので参考にして下さい。

http://www.amazon.co.uk/Murk-DVD-Jannik-Johansen/dp/B002ELEZEA/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1280586429&sr=8-1

また海外版DVDの購入や視聴法については、当ブログの記事をどうぞ(もっと綺麗にまとまっているサイトがありますが…苦笑)

更新頻度の少ないブログですが、これからも見てやってください(・∀・それでは
ina
2010/07/31 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
『Murk/Morke』ニコライ・リー・カース主演 その1 ぷらねた 〜未公開映画を観るブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる