ぷらねた 〜未公開映画を観るブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「シネフィル・オリジナル」放送作品リスト

<<   作成日時 : 2012/03/12 01:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

「シネフィル・イマジカ」が日本未公開の優れた作品を独自に買い付けて放送してくれていた「シネフィル・オリジナル」。残念なことに「イマジカBS」への移行に伴って終了してしまうそうですが、記録のために放送された作品をリストにまとめてみました。まだ未完成なので、情報提供もお待ちしています(・∀・

画像


・メモ
(1)放映タイトル/原題-英題/監督名/備考(※印)の順に書いてあります。
(2)監督の名前順に並べただけなので、製作年などはバラバラです。
(3)タイトルにリンクが貼ってあるものは当ブログで取り上げた作品で、紹介記事にとびます。
(4)もちろん「シネフィル・オリジナル」だけでなく、前身の「シネフィル直輸入映画」「シネフィル・プレミアム」時代の作品もリストに入ってます。
(5)現在163作品分ですが、350本以上もの作品が放送されたそうです。管理人は比較的新しいものしか知らないので、ここに記載されていない作品がありましたらコメント・メール等で教えていただけると嬉しいですm(_ _ )m
(6)参考までに「劇場公開されたもののソフト化されず、シネフィルで放送された作品」を末尾に掲げておきます。

……それにしても、リストを見ると「シネフィル・オリジナル」の中の人たちがどれだけ映画を見る目を持っていたのかが分かります。自分が「未公開映画」を気にし始めたきっかけでもあり、本当に頭が下がる思いです。終了については言いたいこともなくはないですが、とにもかくにも「シネフィル・オリジナル」には感謝の気持ちで一杯です。

0314追記:「イマジカBS」に問い合わせたところ、「シネフィル・オリジナル」で放送された作品について、
・放送権利期間が終了するまでは再放送する可能性がある
・見たい作品があれば、ぜひリクエストを
・ただし、放送権利期間が終了した作品は再放送できない
という返答をいただきました。リストの中に観たい作品があれば、リクエストしてみるといいかもしれませんね(・∀・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『ワンダフル・タウン』(Wonderful Town)アーティット・アッサラット監督
『雲の下、ふたり』(Beneath Clouds)アイヴァン・セン監督
『海へ還る日』(El mar/The Sea)アグスティ・ビリャロンガ監督
『フリー・ゾーン〜明日が見える場所〜』(Free Zone)アモス・ギタイ監督 ※DVD化
『スモーキング』(Smoking)アラン・レネ監督
『ノー・スモーキング』(No Smoking)アラン・レネ監督
『作家の妻の日記』(Onevnik yego zheny/His Wife's Diary)アレクセイ・ウチーチェリ監督
『楽しい我が家』(KleineTeun/Little Tony)アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督
『ミッドナイトキスをするまでに』(In Search of a Midnight Kiss)アレックス・ホールドリッジ監督
『バレンティン』(Valentin)アレハンドロ・アグレスティ監督
『トリック』(Tricks)アンジェイ・ヤキモフスキ監督
『シネマニア』(Cinemania)アンジェラ・クリストリーブ、スティーブン・キヤク監督 ※ドキュメンタリー
クワイエット・カオス〜パパが待つ公園で』(Caos calmo/Quiet Chaos)アントネッロ・グリマルディ監督
フィッシュタンク〜ミア、15歳の物語』(Fish Tank)アンドレア・アーノルド監督
『階段の途中で』(Halbe treppe/Grill Point)アンドレアス・ドレーゼン監督
『厄介な男…からっぽな世界の生き方』(The Bothersome Man)イエンス・リエン監督
『アメリカへの手紙』(Pismo do Amerika/Letter to America)イグリカ・トリフォノワ監督
『4』(4)イリヤ・フルザノフスキー監督
『女優』(Actrices)ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ監督
『Vision Man 〜夢見る男〜 』(Vision Man)ウィリアム・ロング監督 ※ドキュメンタリー
『インドの槍』(Shool)E・ニワス監督
『水瓶』(Khomreh /The Jar)エブラヒム・フルゼシュ監督
『食料品屋の息子』(Le fils de l'epicier/The Grocer's Son)エリック・ギラ監督
『壁のあと』(No Place to Go)オスカー・レーラー監督
『ズーム!』(Zoom)オットー・A・ヤーライス監督
『愉快なフェリックス』(Funny Felix)オリヴィエ・デュカステル、ジャック・マルティノー監督
『1970、忘れない夏』(The Year My Parents Went on Vacation)カオ・ハンバーガー監督
『死者の生きる街』(Babylon-Lies to Live By)グイード・キエーザ監督
マイ・マザー/青春の傷口』(J'ai tue ma mere)グザヴィエ・ドラン監督
『壁の中の少女』(Anchoress)クリス・ニュービー監督
『マダガスカル・スキン』(Madagascar Skin)クリス・ニュービー監督
ラザレスク氏の最期』(The Death of Mr. Lazarescu)クリスティ・プイウ監督
『大西洋の向こう側で』(Transatlantique)クリスティーヌ・ローラン監督
『ココアをありがとう』(Merci pour le chocolat/Nightcap)クロード・シャブロル監督 ※『甘い罠』という題でDVD化
『家族の再会』(Tout va bien (on s'en va)/Everything's Fine, We're Leaving)クロード・ムーリエラス監督
『ウェンディ&ルーシー 』(Wendy and Lucy)ケリー・ライヒャルト監督
『本を作る男−シュタイデルとの旅 』(How to Make a Book with Steidl)ゲレオン・ヴェツェル/ヨルグ・アドルフ監督 ※ドキュメンタリー
『ザクロ売りの息子』(Charkh/The Cart)ゴラム・レザ・ラメザニ監督
『女どおし』(Femmes .. et femmes/Women … and Women)サード・シュライビ監督
『ピース・ワン・デイ』(Peace One Day)ジェレミー・ギレー監督 ※ドキュメンタリー
『ザ・デイ・アフター・ピース』(The Day After Peace)ジェレミー・ギレー監督 ※ドキュメンタリー
『神の口づけ』(In fiecare zi Dumnezeu ne saruta pe gura/Every Day God Kisses Us on the Mouth)シニツァ・ドラギン監督
『ミラー・イメージ』(Ming dai ahui zhu/Mirror Image)シャオ・ヤーチュアン監督
『鏡の国のミナ』(The Mirror)ジャファル・パナヒ監督
クリムゾン・ゴールド』(Talaye sorgh/Crimson Gold)ジャファル・パナヒ監督
『インドの仕置人』(Hindstani/Indian)シャンカル監督 ※DVD化
『この世に生きて』(Not of This World)ジュゼッペ・ピッチョーニ監督 ※映画祭題『もうひとつの世界』
『悪魔のアコーディオン』(El acordeon del diablo/The Devil's Accordion)シュテファン・シュヴィーテルト監督
『キル・マイ・ボーイフレンド 』(Ek Hasina Thi)シュリラム・ラガーヴァン監督
『シダリア』(Ganhar a vida/Get a Life)ジョアン・カニージョ監督
『四人の遭難』(Trop tard/Too Late)ジョゼ・ナシメント監督
『セクシー・ビースト』(Sexy Beast)ジョナサン・グレイザー監督
『消失』(The Vanishing)ジョルジュ・シュルイツァー監督 ※『ザ・バニシング-消失-』という題でDVD化
『石の筏に乗って』(La balsa de piedra/The Stoneraft)ジョルジュ・シュルイツァー監督
『幽霊、故郷に帰る』(Dying to Go Home)ジョルジュ・シュルイツァー、カルロス・ダ・シルヴァ監督
『見知らぬ人へ…』(Ispoved neznakomtsu/Secrets Shared with a Stranger)ジョルジュ・バルダヴィル監督
『イン・マイ・カントリー』(In My Country)ジョン・ブアマン監督 ※DVD化
『群集に消えた男』(L'Homme des foules/Man of the Crowds)ジョン・ルヴォフ監督
『キラー・キッド』(Killer Kid)ジル・ド・メストル監督
『静かの海』(Verder dan de maan/Sea of Silence)ステイン・コニンクス監督
『ダブリン・バスのオスカー・ワイルド』(A Man of No Importance)スリ・クリシュナーマ監督
『はずれた標的』(Absolute Hundred)スルダン・ゴルボヴィッチ監督
『ベオグラードの罠 』(Klopka/The Trap)スルダン・ゴルボヴィッチ監督
『トルパン』(Tulpan)セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ監督
『シスターズ』(Syostry/Sisters)セルゲイ・ボドロフJr.監督
『木のない山〜子供たちの待つ場所〜』(Treeless Mountain)ソヨン・キム監督
『イエロー・アスファルト 愛と裏切りの砂漠』(Asphalt zahov/Yellow Asphalt)ダニー・ヴェレテ 監督
『リオ、ミレニアム』(O primeiro dia/Midnight)ダニエラ・トマス、ウォルター・サレス監督
『救世主を待ちながら』(Esperando al Mesias/Waiting for the Messiah)ダニエル・ブルマン監督
『レイラ』(Leila)ダリウシュ・メールジュイ監督
『泥の鳥』(Matir monia/The Clay Bird)タレク・マスゥド監督
『兄の結婚』(My Brother's Wedding )チャールズ・バーネット監督
『ボラ釣りエディ』(Mullet)デイヴィッド・シーザー監督
『ホーム・ソング・ストーリーズ〜僕の母の物語〜』(The Home Song Stories)トニー・エアーズ監督
『アイスバーグ』(L'iceberg/Iceberg)ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン、ブルーノ・ロミー監督 ※『アイスバーグ!』という題で劇場公開
『優しさのミルク』(Le lait de la tendresse humaine/The Milk of Human Kindness)ドミニク・カブレラ監督
『ザ・ワイフ』(The Wife )トム・ヌーナン監督
『からす達』(Wrony/The Crows )ドロータ・ケンジェルザヴスカ監督
カサバ−街』(Kasaba)ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督
5月の雲』(Clouds of May)ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督
冬の街』(Uzak/Distant)ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督
Climates/うつろいの季節(とき)』(Climates)ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督
『馬鹿たちの行進』(Babodeul-ui haengjin/The March of the Fools)ハ・ギルチョン監督
『ソリチュード:孤独のかけら』(La soledad/Solitary Fragments)ハイメ・ロサレス監督
『笑う男』(Tu ridi)パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ監督
『ある貴婦人の恋』(Le affinita elettive)パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ監督
『サンフェリーチェ/運命の愛』(Luisa Sanfelice)パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ監督 ※テレビ映画
『愛の果てへの旅』(Le conseguenze dell'amore/The Consequences of Love)パオロ・ソレンティーノ監督
『イル・ディーヴォ:魔王と呼ばれた男』(Il divo)パオロ・ソレンティーノ監督
『ジョメー』(Djomeh/Djomeh)ハッサン・イェクタパナー監督
『エルサレムの花嫁』(Rana's Wedding)ハニ・アブ・アサド監督
『半月〜ハーフムーン〜』(Half Moon)バフマン・ゴバディ監督
『シックス・センス・オブ・レディ 』(100 Days)パルト・ゴーシュ監督
『ドタバタ・ツインズ』(Chaal Baaz)パンクージ・パラシャール監督
レクイエム〜ミカエラの肖像』(Requiem)ハンス=クリスティアン・シュミット監督
『ヴィクター・ヴァルガス』(Raising Victor Vargas)ピーター・ソレット監督
『映画泥棒』(Ladri di cinema/Cinema Thieves)ピエロ・ ナトリ監督
『ウォッカ・レモン』(Vodka Lemon/Vodka Lemon)ヒネル・サレーム監督
『キロメートル・ゼロ』(Kilometre Zero)ヒネル・サレーム監督
『弟はミュータント?』(Josh and S.A.M.)ビリー・ウェーバー監督
『石の涙』(Tears of Stone)ヒルマー・オドゥソン監督
『戦禍の下で』(Under the Bombs)フィリップ・アラクティンジ監督
『彷徨う心』(Le coeur fantome/The Phantom Heart)フィリップ・ガレル監督
『サミアの日々』(Samia)フィリップ・フォコン監督
『向かいの窓』(La finestra di fronte/Facing Window)フェルザン・オズペテク監督 ※DVD化
『ビーチ・カフェ』(Le cafe de la plage/Beach Cafe )ブノワ・グラフィン監督
『謎の青いコート』(Le mani forti/Grey Zone)フランコ・ベルニーニ監督
『ロロ』(Lolo)フランシスコ・アティエ監督
『見えない依頼人』(Fibra optica/Fiber Optics)フランシスコ・アティエ監督
『哀しみのバイオリン』(El violin)フランシスコ・バルガス監督
『プラムレイン〜梅雨の街』(La Pluie des prunes )フレデリック・フィスバック監督
『6対3の男』(6:3)ペーテル・ティマール監督
『冴えなくも素晴らしき年月』(Bajecna leta pod psa/The Wonderful Years That Sucked)ベトル・ニコラエフ監督
『ストリーターズ』(De la calle/Streeters)ヘラルド・トルト監督
『愛撫』(Caricias/Caresses)ベントゥーラ・ポンス 監督
『郵便配達』(Youchai/Postman)ホー・チェンチュン監督
『オーストラリアン・ルール』(Australian Rules)ポール・ゴールドマン監督
『海へ帰る日』(Thalassa, thalassa…/Thalassa, Thalassa! Return to the Sea)ボグダン・ドゥミートレスク監督
『ビバ・カストロ』(Viva Castro!)ボリス・フルミン監督
『スノーケーキを君に』(Snow Cake)マーク・エヴァンス監督
『トリストラム・シャンディの生涯と意見』(A Cock and Bull Story)マイケル・ウィンターボトム監督
『L.I.E.』(L.I.E./L.I.E.)マイケル・クエスタ監督
『アニメ・オタク、空を飛ぶ』(Volere volare/Volere Volare)マウリツィオ・ニケッティ監督
『ステファーノ氏の華麗な人生』(Stefano Quantestorie/Stefano!)マウリツィオ・ニケッティ監督
『ルナとその影』(Luna e l'altra)マウリツィオ・ニケッティ監督
『すずめの唄』(The Song of Sparrows)マジッド・マジディ監督
『剥製師』(L'imbalsamotore/The Taxidermist)マッテオ・ガッローネ監督
『僕らの父さん』(Abouna/Our Father)マハマット=サレー・ハルーン監督
『愛に戸惑って』(L'amore molesto)マリオ・マルトーネ監督
『地図にない国の風景』(Krajinka/Landscape)マルティン・シュリーク監督
『ドリス、94歳の選挙戦』(Run Granny Run)マルロ・ポラス監督 ※ドキュメンタリー
『心の負債』(La deuda interna/The Debt)ミゲル・ペレイラ監督
『黒の海岸』(La plage noire/The Black Beach)ミシェル・ピコリ監督
『それではあちらで』(Alors voila/So There,)ミシェル・ピコリ監督
『コード:アンノウン』(Code inconnu/Code Unknown)ミヒャエル・ハネケ監督 ※DVD化
『僕は海の音が…』(I Prefer the Sound of the Sea)ミンモ・カロプレスティ監督
『死の玉座』(Throne of Death)ムラリ・ナイール監督
『リオ・エスコンディード』(Rio escondido/Hidden River)メルセデス・ガルシア・ゲバラ監督
『ザ・ブーツ』(Chakmeh/The Boot)モハマッド=アリ・タレビ監督
『ウィットマン・ボーイズ』(The Witman Boys)ヤーノシュ・サース監督
『指揮官』(Il capitano)ヤン・トロエル監督
『エジプトの銀幕・スターの戀』(Silence...on tourne/Silence...We're Rolling)ユーセフ・シャヒーン監督
ラース・フォン・トリアーの5つの挑戦』(The Five Obstructions)ヨルゲン・レス/ラース・フォン・トリアー監督 ※ドキュメンタリー
『犯罪の系譜』(Genealogies d'un crime/Genealogies of a Crime)ラウル・ルイス監督
『街の陰』(Under the Skin of the City)ラクシャン・バニエテマド監督
『サテン・ルージュ』(Satin rouge/Red Satin)ラジャ・アマリ監督
『スニーカーの少女』(Dokhtari ba kafsh-hay-e katani/The Girl in Sneakers)ラスール・サドレアメリ監督
『私は15歳』(I'm Taraneh, 15)ラスール・サドレアメリ監督
『テヒリーム』(Tehilim)ラファエル・ナジャリ監督
『グッバイ・バビロン』(Adieu Babylone /Bye Bye Babylone)ラファエル・フリードマン監督
『チョップショップ 〜 クイーンズの少年』(Chop Shop)ラミン・バーラニ監督
『グッバイ ソロ』(Goodbye Solo)ラミン・バーラニ監督
リリア 4-ever』(Lilya 4-Ever )ルーカス・ムーディソン監督
『天国への最終駅』(Terminus paradis/Last Stop Paradise)ルチアン・ピンティリエ監督
『ランタナ』(Lantana/Lantana)レイ・ローレンス監督
『アダムとポール』(Adam and Paul)レニー・アブラハムソン監督
『詩人ヴォヤチェク』(Wojaczek)レヒ・マジュースキー監督
『ヒューマンリソース』(Ressources humaines/Human Resources)ローラン・カンテ監督
『タイム・アウト』(L'emloi du temps/Time Out)ローラン・カンテ監督
『南へ向かう女たち』(Vers le sud/Heading South)ローラン・カンテ監督
『シェリーベイビー』(Sherrybaby)ローリー・コルヤー監督
『ウィルバーの事情』(Wilbur Wants to Kill Himself)ロネ・シェルフィグ監督
『花嫁はマフィアの妹』(Tano da morire/To Die for Tano)ロベルタ・トーレ監督 ※映画祭題『死ぬほどターノ』

【参考】劇場公開されたもののソフト化されず、シネフィルで放送された作品
『愛より強い旅』(Exils)トニー・ガトリフ監督
『バスを待ちながら』(Lista de espera/Waiting List)ファン・カルロス・タビオ監督

※情報提供
みちさん、ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

間違いなどありましたら、コメント欄・メールにてご指摘くださいm(_ _ )m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
情報ありがとうございます。
「シネフィル・オリジナル」なくなってしまうのですか。現在、テレビは持っていないのですが、そろそろテレビを買ってシネフィルイマジカに加入したい、と思っていたのでショックです。『クリムゾン・ゴールド』や『リリア 4-ever』が更に遠くに……
アマー
2012/03/12 14:24
「イマジカBS」のサイトに何も掲載されていないので不安に思っていたのですが、公式ツイッターで担当の方が正式に終了の旨を発言されていました。
実は先月の終わりに「シネフィル・イマジカ」へ、「イマジカBS」に移行後、過去の「シネフィル・オリジナル」作品を再放送する予定はあるのかメールで問い合わせをしたのですが、サイト移行のためか返答はきていません。
少なくとも3月・4月の放送作品一覧を見るかぎり、過去のオリジナル作品もラインナップには入っていないようです。ただ先月放送作品の『ベオグラードの罠』などはおそらく2回放送しただけですし、もったいないので再放送するんじゃないかと勝手に期待しています。ちょっと新サイトの方に問い合わせてみます。
いずれにせよ加入はHP上の番組表をしばらくチェックされてからの方が良いかもしれませんね(・∀・;
ina
2012/03/12 23:58
アマー様
問い合わせをしてみました。イマジカBSからの返答については本記事の追記を見て下さい。
『リリア〜』は去年再放送をしていましたし、『クリムゾン〜』も比較的最近放送された作品なので、権利はまだ残っているかもしれません。ぜひリクエストをしてみてください。
ina
2012/03/14 12:43
お久しぶりです。放送作品リスト、素晴らしいです。
どうやって調べられたのですか?
なるべく未公開作品を観ようと思ってたのですが、観てない作品が多いこと、多いこと。ブログ開設前に観たものや録画したまま未見の作品もありますが、ブログにアップしている作品は、18作品ありました。(『ワンダフル・タウン』『フリー・ゾーン〜明日が見える場所〜』『シネマニア』『クワイエット・カオス〜パパが待つ公園で』『厄介な男…からっぽな世界の生き方』『4』『マイ・マザー/青春の傷口』『クリムゾン・ゴールド』『キル・マイ・ボーイフレンド 』『セクシー・ビースト』『ベオグラードの罠 』『トルパン』『ホーム・ソング・ストーリーズ〜僕の母の物語〜』『半月〜ハーフムーン〜』『レクイエム〜ミカエラの肖像』『戦禍の下で』『テヒリーム』『リリア 4-ever』『シェリーベイビー』)

『リリア 4-ever』の放送は本当にありがたかったですし、『マイ・マザー/青春の傷口』は個人的には掘り出し物でした。ちょっと前のものでは、『4』、ゴルシフテ・ファラハニを初めて知った『半月〜ハーフムーン〜』も印象深いです。いずれどの作品も面白かったので、本当に残念です。
少しずつでもいいので、放送権利期間があるものは放送して欲しいですね。
トリアー監督のドキュメンタリーはうっかり撮り逃してしまったので(汗)
そういえば、『バスを待ちながら』はDVD化されてないのですが、シネフィルで放送してくれましたね。他では放送されないような作品のセレクトも嬉しかったのですが、今月の放送を観ると、ちょっと残念に思います。私はwowowも契約しているので、これでは継続する意味があまりないかなぁと。他と違うからこその良さがあったのに・・・。
みち
2012/03/16 14:32
コメントありがとうございます。
「allcinema」で「シネフィル・イマジカ」と検索するとかなりヒットしたので、基本はそれをまとめた感じです。それ以外はgoogleですね。
自分はバフマン・ゴバディ監督が好きなので『半月』の放送は本当に嬉しかったです(作品としてはそれほどですが笑)。このリストのうちの多くがすでに海外版DVDを入手するのも難しくなってきている作品なので、再放送に期待しています。

それから情報ありがとうございます。シネフィルは劇場公開されたもののソフト化されていない作品も放送していましたね。「シネフィル・オリジナル」枠に入るかは分かりませんが、参考に掲載させていただきます。
移行後については自分も様子見中です。今月のラインナップは新規加入者を増やすためにああなったのか、それとも……。一応“シネフィル”向けの企画としてドライヤー特集はありますが、すでにすべて観ているのでお得感もなく。
ina
2012/03/16 19:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
「シネフィル・オリジナル」放送作品リスト ぷらねた 〜未公開映画を観るブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる