『下女』 キム・ギヨン監督

 先月限定でKorean Movie Databaseが、あのキム・ギヨン監督の作品を無料で観れるという特集をしていました。もう4月になってしまいましたが、今回は同監督の代表作である『下女』を取り上げたいと思います。いやはや、これは本当にすごい映画でした(・∀・ 『Hanyo』(1960) 英題『The Housemai…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ひばり農園』 パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ監督 その2

『ひばり農園』についてのパオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ監督のインタビューです。短いインタビューで申し訳ないのですが、アルメニア人迫害という歴史的かつ難しいテーマを扱うことについて語っています。二人のどっしり構えた受け答えはまさに巨匠という感じ(・∀・ なお、本作の「その1(紹介・感想編)」はこちら、 http://p…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ひばり農園』 パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ監督 その1

先月のベルリン国際映画祭、見事タヴィアーニ兄弟の『Cesare deve morire(Caesar Must Die)』が金熊賞に輝きました(・∀・ 好きな作品がいくつかある監督ですが、今回は2007年の『ひばり農園』を取り上げます。アルメニア人虐殺をテーマにした重い作品。 『The Lark Farm』(2007) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シネフィル・オリジナル」放送作品リスト

「シネフィル・イマジカ」が日本未公開の優れた作品を独自に買い付けて放送してくれていた「シネフィル・オリジナル」。残念なことに「イマジカBS」への移行に伴って終了してしまうそうですが、記録のために放送された作品をリストにまとめてみました。まだ未完成なので、情報提供もお待ちしています(・∀・ ・メモ (1)放映タイトル/原題…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

『カサバ-街』&『5月の雲』 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督インタビュー

紹介してきた『カサバ-街』と『5月の雲』についてのジェイラン監督インタビューの邦訳です。以前にも翻訳したティーチ・インでのインタビューですが、監督自身の話など面白い内容になっていると思います(・∀・ 新作の日本公開も待たれますが、この記事でどんな監督なのかチェックしてみて下さい。 インタビュー原文はこちらからどうぞ。 h…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『5月の雲』 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督 その1

前回の『カサバ-街』 につづいて、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の長編第二作『5月の雲』を取り上げたいと思います。小さな村で生きる人々の暮らしを美しい映像でつづった、個人的には大好きな作品です。これだけの作品を見せられたらファンになっちゃうなぁ(・∀・ 『Mayis sikintisi』(1999) 英題『Clou…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『カサバ-街』 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督 その1

昨年のカンヌでは新作『Once Upon a Time in Anatolia』で審査員グランプリを獲得したヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督。今回はそのジェイラン監督の長編デビュー作『Kasaba/カサバ-街』 を紹介したいと思います。モノクロの映像が美しい、詩的な作品です。 『Kasaba』(1997) 英題『The Sm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラザレスク氏の最期』 クリスティ・プイウ監督 その2

つづいて『ラザレスク氏の最期』についてのクリスティ・プイウ監督インタビューの邦訳です。作品についてはもちろん、監督自身の映画に対する想いなど、内容豊富なインタビューになっています。訳しながら、映画監督っていろいろ考えてるんだなぁと思ってしまいました(笑) なお、本作の「その1(紹介・感想編)」はこちら、 http://p…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラザレスク氏の最期』 クリスティ・プイウ監督 その1

相変わらず隔週更新にも遅れる管理人ですが、今回は2005年のカンヌ映画祭「ある視点」部門賞を受賞した『ラザレスク氏の最期』を取り上げます。海外での評価がとても高く、ルーマニア映画が注目される嚆矢となった一品です(・∀・ 『The Death of Mr. Lazarescu』(2005) 原題『Moartea domnu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【短編】ジャファル・パナヒ監督の『アコーディオン』。

ジャファル・パナヒ監督について小さな更新をしたいと書きました。有言実行、今回はパナヒ監督が2010年に発表した短編『The Accordion(アコーディオン)』について更新します。youtubeにある映画本編、セリフの和訳、そして蛇足な気もする管理人の感想をどうぞ。 『The Accordion』(2010) 監督/脚…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ぷらねた的2011年ベスト10!

予告通り、今年もまた恥ずかしげもなく個人的な年間ベスト10をアップします(・∀・; 例年通り、2011年に一般公開された作品、DVDで発売された作品、そして映画祭で上映された作品が対象です。今年は去年と比べて順位をつけるのにちょっと悩みました(1位と2位はのぞく)。 ※タイトル赤字は2011年に映画祭で上映された作品。 ・2…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『俺の笛を聞け』 フローリン・サーバン監督 その2

今年も変わらずインタビューの邦訳をアップしていきます。まずは『If I Want to Whistle, I Whistle/俺の笛を聞け』についてのフローリン・サーバン監督インタビューです。本作の内容について、あるいは少年院でのワークショップについてなど、しっかりと自分の信念を持って語っています。 なお、本作の「その1(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『俺の笛を聞け』 フローリン・サーバン監督 その1

あけましておめでとうございますm(_ _ )m 年末に素晴らしい映画を観ました。2010年のベルリン映画祭で審査員グランプリを含む二冠に輝いたルーマニア映画『If I Want to Whistle, I Whistle/俺の笛を聞け』です。海外での評価の高さは知っていましたが、こんなにいい作品だとは想像もしていませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ホーム 我が家』 ウルスラ・メイヤー監督 その2

年内最後の記事になりました(・∀・ 『ホーム 我が家』についてのウルスラ・メイヤー監督インタビューの邦訳です。映画祭などで本作をご覧になった方はもちろん、メイヤー監督についてはあまり情報がないと思うので、気になる方は読んでみて下さい。 なお、本作の「その1(紹介・感想編)」はこちら、 http://planeta-cin…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ホーム 我が家』 ウルスラ・メイヤー監督 その1

イザベル・ユペールとオリヴィエ・グルメが共演している(個人的には)夢のような作品、『ホーム 我が家』を紹介します。キャストも素晴らしいですが、これが長編デビュー作となるウルスラ・メイヤー監督の才能もあり、いい映画になっています。 『Home』(2008) 映画祭上映タイトル『ホーム 我が家』 監督/脚本 ウルスラ・メイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE』 ジョゼ・パジーリャ監督 その2

『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE』についてのジョゼ・パジーリャ監督インタビューを邦訳してみました。日本での劇場公開の可能性がなくなった以上、パジーリャ監督のインタビューを見かけることはあまりないと思うので、本作に興味のある方はご一読を。 なお、本作の「その1(紹介・感想編)」はこちら、 http://pl…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE』 ジョゼ・パジーリャ監督 その1

ベルリン映画祭で金熊賞を受賞した『エリート・スクワッド』の続編『Tropa de Elite 2』が、『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE』というタイトルで日本でもDVD化されました。前作以上の衝撃と完成度を誇る素晴らしい作品になっています。 『Tropa de Elite 2』(2010) 邦題『エリート・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『チキンとプラム』 マルジャン・サトラピ監督 その2

『チキンとプラム』について、二人の監督のうち本作の原作を描いてもいるマルジャン・サトラピ監督のインタビューを訳してみました。長めのインタビューで、参考になるのではないかと思います。こちらも映画祭ではティーチ・インがなかったので、ぜひご一読を(・∀・ なお、本作の「その1(紹介・感想編)」はこちら、 http://plan…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『チキンとプラム』 マルジャン・サトラピ監督 その1

今年の東京国際映画祭で観た中で、個人的にベストだった作品『チキンとプラム』について感想やらを書いてみました。監督は『ペルセポリス』のマルジャン・サトラピ&ヴァンサン・パロノーのコンビです。このタイプの映画に胸を打たれるとは思いませんでした……逸品です。 『Chicken with Plums』(2011) 原題『Poul…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Michael/ミヒャエル』 マルクス・シュラインツァー監督 その2

それでは続いて『ミヒャエル』についてのマルクス・シュラインツァー監督インタビューです。東京国際映画祭にはシュラインツァー監督は来られていなかったので、ティーチ・インのかわりにぜひご一読を(´∀` 様々な内容について語っています。 なお、本作の「その1(紹介・感想編)」はこちら、 http://planeta-cinema…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more