ぷらねた 〜未公開映画を観るブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ぷらねた的2009年ベスト10!

<<   作成日時 : 2010/02/14 03:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

キネ旬をはじめ様々な2009年のベスト10が発表されましたね。今回は管理人inaが「ぷらねた的2009年ベスト10」を選んでみました(・∀・ 当ブログの方針を加味して、昨年映画祭で公開された作品も混ぜての選出にしてみました。完全に自己満足の領域ですが、「こんな未公開作もあるのか」と興味を持っていただけたら嬉しいです。

それでは10位からっ。なおタイトル赤字は2009年の映画祭で上映された作品で、タイトルから海外のamazonへのリンクを貼ってみました。※追記:2011年に一般公開された映画からはリンクを削除しました。

10位 『ゴモラ』 マッテオ・ガローネ監督 ※東京国際映画祭(2008),イタリア映画祭にて上映

画像

◎ひとこと
リアリティのある映像・内容にとにかく圧倒されっぱなしでした。
エンドロール時には、余韻というより衝撃が残る、そんな作品です。
未公開にするには惜しすぎる作品、という訳で次回はこれを紹介します。

9位 バトル・イン・ヘブン カルロス・レイガダス監督 ※東京国際映画祭にて上映

画像

◎ひとこと
東京国際映画祭にて特集が組まれたカルロス・レイガダス監督の監督第二作。
カンヌ公開時には過激な表現で否定意見もあったそうですが、それは本質的な問題ではないと思います。監督は、自身が語っている「救済」というモチーフを「こうきたか!」という仕方で表現しており、そこに監督の力量と作品の素晴らしさを感じました。

8位 『SOUL KITCHEN/ソウル・キッチン』 ファティ・アキン監督 ※ドイツ映画祭にて上映 2010年一般公開

画像

◎ひとこと
シリアスな映画だけでなく、コメディを撮らせても一流。
これはやはり映画を自分のものとしている監督にのみできることでしょう。
場内が笑いの渦でした、どれだけの才人なんだファティ・アキン!(・∀・

7位 『ミルク』 ガス・ヴァン・サント監督

画像

◎ひとこと
ショーン・ペンの演技も、ガス・ヴァン・サントの演出も、素晴らしい。
でもそれ以上に脚本が良かったと思うのは自分だけでしょうか。

6位 『レスラー』 ダーレン・アロノフスキー監督

画像

◎ひとこと
なぜかあまり期待しないで観に行った映画なんですが(笑)、鑑賞後は数日間ラストシーンが目の裏に焼きついて離れませんでした。
“レスラー”の最後のダイブは、「生きがい」は「死にがい」なのだという言葉を思い出させます。

5位 『エリックを探して』 ケン・ローチ監督 ※東京国際映画祭にて上映

画像

◎ひとこと
まさかローチまでライトなコメディ映画を作るとは思っていませんでしたが、これ大傑作ですよ奥さん!笑
ローチらしく労働者階級の問題も取り扱いながらも、笑えて泣ける映画になっています。見終わったあと、幸せな気持ちになってしまいました笑

4位 『ポー川のひかり』 エルマンノ・オルミ監督

画像

◎ひとこと
大好きな監督であるオルミ監督の劇映画引退作でした。
派手ではない落ち着いた美しさ、静かに流れていくイエスの人生を模したストーリー。
オルミ監督らしい名作だと思います。

3位 『悲しみのミルク』 クラウディア・リョサ監督 東京フィルメックス,スペイン映画祭

画像

◎ひとこと
昨今、重たすぎるくらいの映画が多い中で、逆にこのように話を持っていったのが新鮮でした。
ちょっと粗い印象を受けた箇所もありましたが、それを上回るよさがあります。
じゃがいもの使い方が秀逸(・∀・

2位 『ロルナの祈り』 ダルデンヌ兄弟監督

画像

◎ひとこと
下書き段階のものを見たら、気取ったことを書いていたので削除(笑)
ダルデンヌ兄弟は人間を描くのが本当に上手い。人間の弱さと、強さを、ですね(・∀・
現役監督の中では一番好きな監督です、次がハネケ。

1位 静かな光 カルロス・レイガダス監督 ※東京国際映画祭にて上映

画像

◎ひとこと
個別の記事にして紹介しましたが、素晴らしすぎる作品です。

という訳で、以上がぷらねた的ベスト10でした。
映画祭でのみ上映された作品が多くランクインしていますが、それこそ管理人が当ブログを立ち上げた理由でもあります。2010年ベスト10には、劇場公開された作品が多く入っていることを望みます。


ちなみに惜しくもベストテン入りを逃したのは・・・
11位 『ペルシャ猫を誰も知らない』 バフマン・ゴバディ監督 東京フィルメックスにて上映
12位 『ハポン』 カルロス・レイガダス監督 東京国際映画祭にて上映
13位 『扉をたたく人』 トム・マッカーシー監督
14位 『グラン・トリノ』 クリント・イーストウッド監督
15位 『アンナと過ごした4日間』 イェジー・スコリモフスキー監督

です。以上、管理人の自己満足に付き合っていただいた方、ありがとうございましたm(_ _ )m



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぷらねた的2009年ベスト10! ぷらねた 〜未公開映画を観るブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる